神奈川県、がんワクチンセンターの設立を検討

東京大学医科学研究所の上 昌弘先生からの情報提供です。

いつも大変お世話になっています。以下、読売新聞神奈川県版の報道です。本日、知事の記者会見です。

「がんワクチンに 県センター検討」
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20121108-OYT8T01822.htm

不活化ポリオワクチン、医学部新設に続く、神奈川県の三番目の医療改革の大きなテーマです。将来的には薬事法規制との全面対決に発展すると予想しています。黒岩知事の周囲に、様々なプレーヤーが集まりつつあります。例えば、後述の細田教授は、ハーバード大学から地元星槎大学の教授に就任しました。

●追記(11月25日)

黒岩知事に要望書を退出する會田代表

当日、市民のためのペプチドワクチンの会の會田代表が、患者の立場から神奈川県のがんワクチンセンター設立に向けて、黒岩知事に要望書を提出しました。

 

 

 

 

要望書の内容は下記からご覧ください。

220121108要望書

がんワクチンは様々なメディアで盛り上がりつつあります。

東洋経済BOOKS ONLINE
細田満和子・星槎大学教授連載
【知ってトクする 予防接種の話】第4回 不活化ポリオワクチン開始の舞台裏(ポリオの会と神奈川県)
http://ht.ly/emv5i

NHKスペシャル 11/18 「がんワクチン 夢の治療薬への格闘」
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/1118/index.html

余談ですが、明日・明後日の第七回現場からの医療改革推進協議会シンポジウムでは、国内でがんワクチン治療をもっとも行っている浅原新吾先生(千葉徳州会)が登壇し、最新の治療成績を発表します。
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/1118/index.html


***********************************************************************
東京大学医科学研究所
先端医療社会コミュニケーションシステム 社会連携研究部門
上 昌広