がんペプチドワクチン全国縦断講演会実施のボランティア募集!

スクリーンショット 2013-06-24 14.10.34

 

 

 

 

 

当会ではがんペプチドワクチンの一刻も早い製薬化を支援するために、がんペプチドワクチンの全国縦断講演会を計画しています。ただ、会の活動は少人数のボランティアで行っているため、圧倒的に人手が不足しています。
現地の事情も把握できず、会場手配や集客などもできません。そこで、講演会を開催するボランティアの実行委員の募集を行います。作業内容は下記の通りです。
会場費、チラシ作成費、講師謝礼・交通費は当会が負担し、講演内容、講師手配も当会が行います。

・講演会場(なるべく会場費の安い公共施設)の手配(50〜100名程度収容)
・集客活動(チラシ配布、ニュースリリース配信、同窓会、Facebook等での拡散)
・会場運営(受付、会場整理、マイクやプロジェクターの確保等)

がんペプチドワクチンの内容を広く知っていただくことで研究を支援し、一刻も早く誰でもどこでもがんペプチドワクチン治療を受けるようにたいと思っている方は是非とも下記にご連絡ください。

info@ccpvc.org

残された子供達にがんペプチドワクチン療法を第4の標準治療に!

残された子供達のためにも、一刻も早くがんペプチドワクチン療法を第4の標準値治療に!

37歳の若さで膵臓がんに罹患し3大標準療法に行き詰り、二人の幼子を残して亡くなった奥さんの無念の想いと願いを切々と話す齊藤博之さん。これから大人になる子供達のためにも、誰でもどこでもがんペプチドワクチン療法を受けることができるよう、一刻も早く第4の標準治療にしたいと訴えます。
そのためにも、今夏のがんペプチドワクチン臨床試験スタートのために、一人でも多くの方のご支援をお願いします!
2013年6月13日、参議院会館における第1回「市民のためのがんペプチドワクチンの会」の講演会。

http://www.youtube.com/watch?v=r7G48KwYLsEスクリーンショット 2013-06-17 8.25.50

6月13日(木)参議院会館にてがんペプチドワクチン講演会を開催

457-01

 

 

 

 

 

 

平成25年度 第1回「市民のためのがんペプチドワクチンの会」講演会

がん医療改革の新展開  〜市民はがん医療改革をどのように担えるか

がん医療関係者の懸命の努力にもかかわらず、標準治療と言われる3大療法(手術、放射線、抗がん剤)では半数のがん患者しか救えない。3大療法に行き詰まったがん患者や家族は、第4の治療法を求め彷徨い、科学的な根拠のはっきりしない高額な治療法や健康食品にすがりつく。
私たちが科学的根拠に基づき最も第4のがん治療法として期待するペプチドワクチン治療はまだ国の承認が得られていない未承認薬だが、既に2000件に近い臨床研究が行われ、臨床治験の第Ⅲ相試験に入っているものもあり、副作用等が極めて少ないことが知られている。
当会としては一日も早い創薬に漕ぎ着け、いつでもどこでもだれでも、希望する人が自由に投与を受けられることを第一の目標とはするものの、今、この瞬間にも投与を希望する方々のために臨床研究の枠を拡大し、臨床研究に協力する形でのペプチドワクチン投与の機会を増やそうとしている。
ペプチドワクチン研究開発はがん患者や家族にとっての希望の星であるのと同時に国家戦略としても成長戦略の柱となるものである。
市民のためのがんペプチドワクチンの会はペプチドワクチン研究開発について政府・行政等に要求するだけでなく、市民が自らの手で押し進めるべく、わが国初の「市民支援型臨床研究」を行うための「寄付講座開設」に向けて活動を開始している。
そこで、前政権下で文科副大臣として医療イノベーション推進室構想を実現された鈴木寛参議院議員に政策的な立場から、和歌山県立医科大学の勝田将裕先生からは医学的な立場で、さらにはこれらの医療体制を社会的なシステムとして構築してゆく面からジャストギビングの佐藤大吾代表から、がん医療改革の戦略的な改革について話し合っていただくことにした。

1.日  時:平成25年6月13日(木)  13:00~16:30
2.場  所:参議院議員会館 地下1階B109号室
3.講演内容:
13:00〜13:05    開会挨拶
            市民のためのがんペプチドワクチンの会代表 會田昭一郎
13:05〜13:40   戦略としての医療イノベーション
            参議院議員 元文部科学副大臣 鈴木 寛
13:40〜14:10  ペプチドワクチン治療の現状
            和歌山県立医科大学 外科学第二教室 勝田 将裕
14:10〜14:40   市民支援型臨床研究~新しい公共という考え方~
            ジャストギビング代表 佐藤 大吾
14:40〜14:50   <休憩>
14:50〜16:30  講演者全員によるパネルディスカスとフロアとの交流
          閉会挨拶

4.参加方法:当日、参議院議員会館受付付近で係の者が通行証をお渡しいたしますので、通行証をお受け取りの上、携帯してご入館ください。
5.参加人数:80名
6.ご連絡先:info@ccpvc.org

都合により,日程,講師等に変更のある場合もございますのでお含みおき下さい。