よくある質問
一覧へもどる

5. がんの3大療法以外に、食事療法、細胞療法、免疫療法などさまざまな療法がある中で、なぜペプチドワクチン療法が「第4」になりうるのでしょうか。

欧米では一部の免疫療法が科学的に評価され、第4のがんの治療法になりうるとの期待が非常に高まってきています。
また、これまで「本当に免疫力によってがんが治療されているのか」がわからなかった他のワクチン療法と違って、ペプチドワクチン療法は治療を受けた患者さんの体の中で増えたペプチド特異的CTLが本当にがん細胞を死滅させることができるかどうかを科学的に検証することができます。ですから、科学的な検証に基づいて国に認可され、誰もが選択できる治療法として確立するステップにおいては一歩リードしているといえます。
一覧へもどる