よくある質問
一覧へもどる

1. ペプチドワクチン療法とは、どのようなものですか?

がん細胞で特異的に作られているタンパク質を利用して、患者自身の持つ免疫力のうち、がん細胞だけを攻撃する免疫を高めるワクチン療法の一つです。ペプチドワクチン療法は、人工的に生成したペプチドを利用して、免疫ががん細胞の目印をめがけて攻撃する力を活性化させます。
⇒ペプチドワクチン療法について 図解で解説 | テキストで解説
一覧へもどる