希望の治療法、がんペプチドワクチンとは。
参考図書


一般の方々にもわかりやすい入門最適書。
医療関係者の皆様にも十分ご参考になる自信作です。


< 本書を企画した理由 >
がんのペプチドワクチン治療について調べたいと思ったとき、専門家向けの医学書などはありますが、市民向けの本が無いのが現状です。そこでまずは5大がんと言われる胃がん、大腸がん、肺がん、肝臓がん、乳がんに加え、研究・開発の進んでいる膵臓癌、膀胱がん、食道癌の8種類のがんペプチドワクチン治療について分かりやすく解説していただいた本を企画しました。

< 概 要 >
がんペプチドワクチンってなんだろうという総論を、がんペプチドワクチン研究の世界的権威の中村祐輔先生(シカゴ大)にお願いし、臓器別の各論は、最先端の研究・ 開発を進めておられる気鋭の先生方にご担当いただきました。市民向けの本とはいえ、ご執筆いただきました先生方は第一線の研究者ばかりで、医療関係者の皆様にも十分ご参考になる自信作です。
さらに、がんペプチドワクチンの臨床治験を行っているキャプチべーション・ネットワークの紹介、がんペプチドワクチン創薬指針(ガイダンス案)と、FDA(米国医薬品局)のCompassionate Use(治験薬の人道的使用)の翻訳を収録しました。

< 内 容 >
第1章 がんペプチドワクチン治療
第2章 がん症例とがんペプチドワクチン治療
    胃がん/肺がん/大腸がん/肝臓がん/乳がん/
    膵臓癌/膀胱がん/食道癌
第3章 がんペプチドワクチンの研究
    がんペプチドワクチン療法臨床研究ネットワーク
    がん治療用ペプチドワクチンガイダンスについて
    特別配慮使用の治験薬の入手可能性(FDA)

監修:中村祐輔
編者:市民のためのがんペプチドワクチンの会
発行:旬報社
定価:1470円(税込)
発売:【店 頭】2012年8月27日
   【ネット】2012年8月24日~27日(店舗により異なります)
<2012年8月24日発売>
<2012年8月下旬発売>
<2012年8月27日発売>

ページ上部へ